木村栄文プロフィール

木村栄文

木村栄文 きむら・ひでふみ

1935年1月22日福岡県福岡市生まれ。59年西南学院大学卒業後、RKB毎日放送入社。70年、「苦海浄土」が高く評価され文化庁芸術祭大賞を受賞。その後、「まっくら」「鉛の霧」「あいラブ優ちゃん」など約40年に渡り数多くのドキュメンタリーを制作し、ギャラクシー賞大賞などテレビ界の数々の賞を受賞。賞獲り男の異名を持ち、他局を含めドキュメンタリー制作者たちに広く影響を与えた。94年には民放の制作者として初めてNHK衛星第2で「木村栄文の世界」と題した特集が組まれる。個人賞として放送文化基金賞(88)、日本記者クラブ賞(95)、紫綬褒章(2002)を受賞。11年3月22日逝去(享年 76)。